自らのレベルを上げていく

外為取引ビギナーが為替相場の重要なところを見つけるにはまず注文を積み重ねていく事が不可欠です。

 

とりわけ、未然に危機を予期するようにするためにはポカを積み重ねることも経験のひとつ。

 

当然、マイナスになるといっても、立ち上がれなくなるほど重大な間違いをしてはいけません。

 

取り返しが付く失敗を幾度か積み重ねることが結果的に自らのレベルを上げてくれるはずです。

 

それを考えると、まず初めは少ない資金で売買を行い何度か小さな失敗をすることをおすすめする。

 

100万円だけしか投資する余裕が無い場面で最初から100万円を全て投入してエントリーするとマイナスになった時、取り返せない危険性があります。

 

それならば、仮に10分の1ずつ小分けして取引してそれで買ったり負けたりを体験した方が段々と損を補う技術なども身についていくはずである。

 

まず最初にわずかな額で取引する事の良い点は先に記したように、自分の体験を増やし、ミスを管理する方策を学習していく事にありますが売買の回数を重ねる事で、危険性を少なくできるという価値もあります。

 

仮定として、1回限りの売り買いで勝率が50%だと考えます。

 

言い換えると、同じ確率で負けるリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

二分の一の可能性で利益が出る事を示しています。

 

だがしかし、全ての投資資金を投じて1回こっきりの売買をするということは、明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

このままではたんに丁半バクチと同じ。

 

つまり、全ての資金をつぎ込んで1回のみしか勝負しないとこれだけでは損失が生じる確率が大きくなります。

 

だからこそ、お金を1回に全部投じるのではなく少しずつ分けて投資経験を増やす事がリスク分散となります。

 

また少しずつ分けたとしてもすべてに勝利する事は必須ではありません。

 

正確に言うと、勝つことが出来ないのが現実です。

 

投資で肝心なのは勝つ回数ではなく、どのようにプラスに出来るかです。

 

勝ち負けが同じでも、たとえ勝率5割以下でも儲かる時は儲かる。

 

5割以上負けてもその収益が少しであれば、3割の勝利の儲けの大きさで相当儲けられます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損したらすぐさま損失を確定してそれとは反対に勝てる時はなるべく大きくプラスにする事が、FXの経験の浅い方がFXで利益を上げる神髄です。